ミニサイトとは?

たまに聞く【ミニサイト】という言葉。

ミニサイトについて

「小さなサイトのこと?」「ブログじゃないの?」

などの疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

実はミニサイトに特に定義はありません。

要は個人の解釈なのです。

定義は人によって異なりますし、特にそこにこだわる必要もないと思います。

例えば

「ミニサイトは10ページ以内のサイト」

なんてこともありません。

20ページになることもあれば、5ページだけのこともあります。

その辺はテーマや企画次第だったりするのです。(さすがに50ページくらいになると大規模サイトだと個人的には思いますが)

私の場合は何となくですが、ニッチなテーマで、コンパクトサイズの完結型サイトの事をミニサイトと呼んでいます。

ニッチなテーマであり、完結させることを目的として作っています。

一番大事なのは完結させることだと思っています。

完結させることでサイトのコンテンツを高め、ある程度集客も見込めるサイトにしやすいのです。

ミニサイトを作る時には、自分の使える時間も意識しています。

だいたい2〜3週間での完成を目指すので30時間くらい見積もっています。

期間や時間を設けないと、私のミニサイトの定義として挙げた「完結させること」が難しくなるのです。

長々と詰め込んでしまい、更新型のブログのようにならないように気を付けています。

また、コンテンツの質にもこだわりたいので、記事の数よりも、1記事の質を意識しています。

質の高いサイトを作成するためには、わかりやすく完結に、です。

テーマや伝えたいことを絞り込むことで、サイトのコンテンツの質を高めることができます。

広くてメジャーなテーマのほうが、より多くの人が来てくれると思いがちです。

確かにニッチなテーマは訪問者の数は多くないかもしれませんが、メジャーなテーマでサイトを作っても競合サイトが多く、検索結果にすら出ない事はよくある話です。

既に多くの人が利用しているメジャーなサイトたちが検索結果の1ページ目を占有していたら、新参者が入り込むことはまず無理でしょう。

検索エンジン経由のアクセス数を増やすための1番の近道は、テーマを絞り込んだニッチなサイトを作ることだと思っています。

特にSEOの知識・技術などがない初心者にとっても参入の余地があるのです。

統合力で劣る場合は、特定分野に集中して1位をとることから始めましょう。

ただ、ニッチなテーマに絞り込み過ぎてもダメなので難しいところでもありますが、うまくバランス感覚を身に付けていきましょう!

おすすめの記事